Tokyo Metropolitan University
Tourism Strategy

「東京都公立大学法人」が行う観光戦略プロジェクトのオフィシャルメディアです

観光戦略研究会

2020.01.07

第3回観光戦略研究会 ナイトタイムエコノミー推進協議会代表理事 齋藤貴弘 様(ニューポート法律事務所パートナー弁護士)、同協議会理事 永谷亜矢子 様(株式会社an代表取締役)

ナイトタイムエコノミー推進協議会代表理事
齋藤 貴弘 様
(ニューポート法律事務所パートナー弁護士)
ナイトタイムエコノミー推進協議会代表理事
齋藤 貴弘 様
(ニューポート法律事務所パートナー弁護士)

公立大学法人首都大学東京では、観光戦略プロジェクトの一環で、プロジェクトに賛同してくださった産業界の方々にお集まりいただき、新しい時代の観光のあり方を幅広く、多面的に、かつ深く研究する観光戦略研究会を実施しています。今年度は「パークマネジメント」、「地方連携」、「ナイトタイムエコノミー」、「富裕層観光」をテーマとした研究会を開催致します。

2019年12月16日(月)に今年度第3回観光戦略研究会を実施しました。今回はナイトタイムエコノミー推進協議会代表理事 齋藤 貴弘 様(ニューポート法律事務所パートナー弁護士)、同協議会理事 永谷 亜矢子 様(株式会社an代表取締役)のお二人を講師に迎え、「ナイトタイムエコノミー政策の具体的事業展開とその可能性について」と題してご講演頂きました。

永谷様
ナイトタイムエコノミー推進協議会理事
永谷 亜矢子 様(株式会社an代表取締役)

足元、インバウンド観光者数は堅調に伸びているものの、一人当たりの消費額は低下傾向にあります。そうした中、飲食や宿泊を伴い経済的波及効果が大きい夜間観光へ大きな期待が寄せられています。本年度より観光庁もナイトタイムエコノミー政策を本格化させ、政策の民間実装、地方展開に注力し、地域・コンテンツともに多様なバリエーションからなる13件のモデル事業を採択し実施しています。

講演では、モデル事業の選定、事業コーチング、ディレクションを担当されたお二人にそれぞれの事業の可能性や課題等について解説頂き、その後、参加者の皆様とナイトタイムの取り組みについて意見交換致しました。

 この記事を他の人と共有する
TOPへ