Tokyo Metropolitan University
Tourism Strategy

「公立大学法人首都大学東京」が行う観光戦略プロジェクトのオフィシャルメディアです

観光戦略研究会

2019.11.30

第2回観光戦略研究会 神奈川県未来創生担当部長・「よんなな会」代表 脇 雅昭 様

神奈川県未来創生担当部長・「よんなな会」代表
脇 雅昭 様
神奈川県未来創生担当部長・「よんなな会」代表
脇 雅昭 様

公立大学法人首都大学東京では、観光戦略プロジェクトの一環で、プロジェクトに賛同してくださった産業界の方々にお集まりいただき、新しい時代の観光のあり方を幅広く、多面的に、かつ深く研究する観光戦略研究会を実施しています。今年度は「パークマネジメント」、「地方連携」、「ナイトタイムエコノミー」、「富裕層観光」をテーマとした研究会を開催致します。

2019年10月30日(水)に今年度第2回観光戦略研究会を実施しました。今回は神奈川県未来創生担当部長・「よんなな会」代表の脇 雅昭様を講師に迎え、「“個”対“個”の時代に問われる地方連携」をテーマにご講演頂きました。

東京都では、東京と他の地域が、それぞれの持つ力を合わせて、共に栄え、成長し、日本全体の持続的発展へとつなげていく「共存共栄」こそが、真の地方創生であると考え、全国各地と連携して様々な取り組みを行っています。観光の分野においては都庁第一本庁舎1階に開設した「全国観光PRコーナー」を通じて日本各地の魅力を来庁者に発信したり、複数の他自治体と連携した共同プロモーションの実施による外国人観光客の誘客などの取り組みを進めたりしながら、これからの新しい連携のあり方を模索しているところです。

講師の脇様は宮崎県出身で、総務省官僚として熊本県と神奈川県に出向された経験を持ち、また類稀なるリーダーシップで地方公務員と中央省庁で働く官僚をつなぐ「よんなな会」を設立。公務員だけでなく民間企業を巻き込み、日本各地で全国の公務員が交流する場をつくってこられ、地方行政はもとより地方の実情、そして観光の現場をよく理解しておられる行政マンでいらっしゃいます。講演では神奈川県観光部長時代の取り組みや「よんなな会」の取り組みなどを詳しくご説明頂き、その後、これからの時代に求められる地方連携について参加者の皆様と意見交換を行いました。

 この記事を他の人と共有する
TOPへ