Tokyo Metropolitan University
Tourism Strategy

「公立大学法人首都大学東京」が行う観光戦略プロジェクトのオフィシャルメディアです

アイデアソン

2019.08.22

第3回アイデアソン 株式会社MATCHA代表取締役社長 青木優さん

株式会社MATCHA代表取締役社長
青木優さん
株式会社MATCHA代表取締役社長
青木優さん

6月13日に第3回アイデアソンを行いました。第3回・4回はスタートアップ経営者をゲスト講師にお迎えし、ゲスト講師を交えた対話型のブレストセッションです。今回は昨年度に続き、ツーリズム分野のスタートアップ起業家としてご活躍の株式会社MATCHA代表取締役社長 青木優さんにお越しいただきました。

青木さん率いる株式会社MATCHAは訪日外国人向けのメディア運営事業を手がけておられ、日本語、英語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、韓国語、インドネシア語、タイ語、ベトナム語、スペイン語、やさしい日本語の計10ヶ国語で情報発信をしています。既に訪日外国人旅行者全体の約10%がMATCHAを利用しており、日本を代表する訪日メディアとして注目されています。

2018年10月からは訪日外国人旅行者が日本滞在中に病気やケガをした際の受診先、災害発生時の避難先や災害情報を発信する「Stay Safe in JAPAN」ページを開設し、ライフラインとしても大きな期待が寄せられています。

ブレストセッションでは冒頭、青木さんに事業概要をはじめ、滞在型情報発信の新たな取組や情報発信をする上で心がけておられることについてお話いただきました。

ブレストセッション

その後、Q&Aを挟み、後半1時間は青木さんを交えて「日本の魅力」についてブレストを行いました。参加者の学生の皆さんには、「日本の魅力」を考えておくことが青木さんからの事前課題として出されており、それぞれが考える「日本の魅力」を発表してもらいました。既にインバウンド観光客を惹きつけているものから、まだ認知されていないものまで、たくさんのアイデアが披露されました。

その中の一つとしてあがった「Japan Quality」から派生して、安くて美味しく、レベルの高い日本の菓子をさらに外国人に認知してもらうためにどのようなきっかけづくりをすれば良いかを考えることになりました。

参加した学生の皆さんからは、祭りや漫画と絡めたプロモーション・アイデアなどが出され、それぞれのアイデアに対して青木さんにコメントして頂きました。さらにそのコメントに続いて、アイデアが次々と発表され、とても活気に満ちたブレストセッションとなりました。

 この記事を他の人と共有する
TOPへ